アフィリエイトで稼ぐイメージ&稼いだあとのビジョンも大切かも

今、日本に一時帰国中なんですが、
今回の帰国は、嫁さんと娘を連れての里帰りなので、
ほとんど仕事できてません・・・(涙)。

でも、昨日、娘を見ていて、
ふと思ったことがあったんです。

「俺、今、プロアフィリエイターとしてやってるけど、
 娘が大きくなったときに、『お父さんの仕事は?』って聞かれて、
 どう答えるかな?」

って。

今までで、なんか、ちょっと違和感を感じて
アフィリエイトをしていたときがあったんです。

量産系アフィリエイトの塾の手法で、
他人の役に立たないブログを量産していたとき。

クリックさえされればOKのアドセンス狙いサイトや、
楽天アフィリのクッキー狙いのサイトを量産していたとき。

また、
「アクセスが集まりそうだから」という理由で
あまり興味のない分野のサイトを作って、
それが当たってしまい、アクセスが集まったはいいが、
コメントや質問がたくさん来てしまったとき。

当然、
もうかって報酬データを見るときは、
楽しいんですよ(笑)。

でも、ふと、落ち込むときが来る。

「俺、何やってんのかな。人の役に立ってるんかいな・・・」

「俺、この仕事してて、結局、何になりたいのかな・・・」

私、もともと、サラリーマンをやめて、
上海に来たときの動機って、

『会社などの枠に支えられるのではなく、
 自分でビジネスをして、生きられる人間になりたい』

という感じだったんです。

で、それが、リアルの中国ビジネスでは失敗し(涙)、
インターネットビジネスで、なんとかできるようになった。

でも、今の段階になって、
「この動機だけでは弱いかな」と思うようになったんです。

もっと、

「どう稼ぎたいか」

ということも気になるようになってきた。

35歳になって、
年を食ってきたからかもしれません(笑)。

人に胸を張って言える仕事、したいじゃないですか。

アフィリエイトがダメだ、ということじゃなくて、
考え方、とらえ方の問題だと思うんです。

楽天アフィリや、アドセンスにしても、
買うお客さんからお金をもらっていると思わずに、
広告主さんからお金をもらっていると考えれば、
お客さんにクリックさせて集客さえできれば、
十分仕事は果たしている、とも考えられるわけですし。
(↑この考え方、今、書いてて思いつきました。笑)

この場合、
「人に喜ばれるサイトを作る製作者」としてはダメかもしれないですが、
「ネットで集客するプロフェッショナル」としてはOKかもしれない。

ネットで集客するプロフェッショナル、
このセルフイメージは、いいですね。私も使おう(笑)。

ただ、私の場合は、
やっぱり、サイトを作るなら、
人の役に立つサイトを作りたい。

他人から、

「あのサイト、すごく役立ちました!」

と言われるサイトを作りたい。

こんなことを言っていると、ビジネスとしては甘くて、
今後は食っていけないかもしれないんですが(苦笑)、

でも、自分のスタンスを守らないと、続きませんから。
仕事へのやる気が出てこそのビジネスですもんね。
(ということが最近、よくわかりました)

考えてみると、私は、最初に作ったサイトが、
そういう感じだったので、昔の経験に引きずられているのかも
しれません。

三つ子の魂、百まで、みたいな。

ということで、まとめますと、
私の場合は、こういうセルフイメージでしょうか。

・ネットでの集客のプロフェッショナル

・人に役立つコンテンツを書くライター

・人を結びつけて、ネットで利益を出すウェブプランナー

できれば、これ、ひとことで言える表現ができると
いいらしいんですが、ま、それは、
今後徐々に考えていく、ということで。

あ、そうです。

今回、言いたかったのは、

ちゃんと自分に合うスタンスを考えながらやらないと、
挫折しますよ、ってことです。

ちゃんとまとまってなくて、スミマセン(笑)。

“アフィリエイトで稼ぐイメージ&稼いだあとのビジョンも大切かも” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    すばらしい記事でした!
    私も同じ事を悩んでいたので..感動しました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ