住所データからGoogleマップを表示させる方法(wordpress)

MTならMapperというプラグインで、比較的簡単にできる、
住所を書くだけで、その場所をGoogleマップで表示してくれる機能。

wordpressでもやりたいな、と思って方法を探したのですが、
結構見つけづらかったのでメモしておきます。

↓こちらの2つのページから、
プラグインと『ショートコード』をダウンロードして設置。

firegoby » ショートコードを管理する manage_shortcodes プラグイン
http://firegoby.theta.ne.jp/wp/manage_shortcodes

firegoby » 住所からGoogleマップに変換するショートコード
http://firegoby.theta.ne.jp/wp/manage_shortcodes/addr2gmap

あとは、記事に、こんな感じで書き込めば完了。

[addr2gmap addr="東京都千代田区永田町1-7" height="400px" width="500px" zoom=18]

使ってみた感想としては、
この作業は、MTのほうが簡単ですね。

設置も、FTPでフォルダを作る必要があったり、
「ショートコード」なるものを使わないといけなかったり、
少々面倒です。(ショートコードは初めて使いました。汗)

ちなみに、検索でよく目にした、『Google Maps Anywhere』プラグインは、
ブログ投稿画面で、簡単にgoogleマップやストリートビューを追加することが
できるプラグイン。使いやすそうですが、一記事、一記事、手入力が必要。

今回の目的だった、
『一気に記事をインポートして、全ページに地図を表示させる』
っていう目的では使えませんでした。

ま、でも、とりあえず、
できるほうほうがわかったので良かったです♪

~~~~~~~~~~~~~~
こんな感じで作れました♪

名古屋 社会保険労務士事務所
名古屋市 結婚相談所
名古屋市 探偵事務所
名古屋 WEB制作会社
名古屋市 ホームページ制作会社
名古屋市 葬儀社

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ