ネタの探し方:マガジンスキル

「趣味を生かしたブログ(サイト)で稼ぐ!」

ということを
テーマにしているこのメルマガですが、

ときどき、こんな質問を
受けたりします。

「ネタがなくなったら、どうするんですか?」

うん。
深刻ですよね(苦笑)。

強いサイトに育てていくためには、
ページ数は非常に重要です。
ですから、ページはどんどん増やしていく
必要があります。

趣味を中心にブログ(サイト)を作っていくので、
ネタ探し問題は、実は、乗り越えるのが簡単なはずなんです。

でも、現実、
自分の好きな分野の文章を
書いているはずなんですが、
手が止まってしまう。

何を書いたらいいか、
わからなくなってしまう。

ありますよね~(苦笑)。

こういうときにどうしたらいいか?

いえ、こういうふうにならないために、
どういう準備をしておけばいいか?

そのことについて、
3回くらいに分けて
書いていこうと思います。
(前回、長かったので・・・笑)

その名も、マガジンスキル。

私、昔、1年ほど、
企業研修をする会社でお手伝いを
していたことがあったんです。

そのときのチーフコンサルタントに
聞いた話なんですが、

アメリカ人向けの研修で、
すごく成功している会社がある、と。

しかも、その会社、いろんな分野の研修を
数多く行っているそうなんです。

で、それのネタ元を、
こっそり教えてもらったそうなんですね。

なんと、それが、日本の雑誌!(笑)

海外に行くとわかるんですが、
日本の雑誌って、すごいんですよ。

内容の充実度、完成度。
そして、種類の豊富さ。

で、その、研修で大成功している会社というのは、
日本の雑誌の中の、特に、

4~8ページくらいの特集ばかりを、
ひたすらストックする、

らしいんです。

そして、それを社内に置いておき、
クライアントから、「こういう内容の研修できない?」と
言われたときに、探してきて、研修に作り上げる。

こんな、書いてしまうと、
シンプルすぎるようなやり方で、
成功してしまっているんです。

マガジンスキルのよい部分

じゃあ、なんで、
そんなに、その研修が、好評なのか?

「書籍だったら、もっと深い内容があるのでは?」

勘のよい人なら、そう思うかもしれません。
でも、それは、違うんです。

何が違うのか。
それは、

 まとまり具合

です。

人が、一回の話で頭に入る内容は、
そんなに多くないんですね。

雑誌は、そのことが考えられていて、
読者が飽きないくらいの程度にまとめて
書かれています。

それが、1回1~2時間くらいの研修に、
ちょうどいい。

そのまとまり具合が、
秀逸なのが、雑誌の特集なんですね。

ちなみに、某有名自動車会社の
社内の提案書も、「A3一枚の紙でまとめる」
ということが定められているんだとか。

これも、一回に人に伝えられる量を
考慮しての、工夫ですよね。

よくありますもんね。
ページ数だけたくさんあって、
結局何を言っているのかわからない提案書って。
(↑ちょっと自分への反省も含め。苦笑)

マガジンスキルのサイト&ブログへの応用

この研修の方法は、
私たちがやろうとしている『趣味ネット起業』にも
非常に相性がいいと思うんです。

ネットって、そもそも、
そんなにじっくり読む人って、
少ないじゃないですか。

相当好きなサイト以外は、
3、4ページくらい読んでくれれば
多いほうだと思います。

だから、書く側としては、
一つ一つのネタを、飽きられない程度に、
まとめて書く。

そのときの、まとめる方法や、
わかりやすい図解などを、
雑誌を参考にすると、いいんです。

あと、初心者向けの記事を書く場合は、
専門誌ではなく、奥様向け雑誌や、
○○ウォーカーみたいな情報誌などを
参考にするといいですよ。
わかりやすく、まとめてありますから。

たとえば、
「FX投資(外貨投資)を始めよう」という記事を書くなら、
『日経マネー』などの専門誌を参考にするより、
奥様向け雑誌の『FXでお小遣いを稼いでみよう!』
というような特集を参考にすると、
わかりやすく、良い記事が書けると思います。

おすすめはブックオフ!

で、雑誌って、
地味に結構高いじゃないですか(笑)。

そんなときに使えるのが、
ブックオフです!

え?ブックオフだと、古い雑誌しかないじゃん。

という声が聞こえてきそうですが、
本当の最新情報は、ネットで探せばいいんです。
(その方法も、またメルマガで紹介しますね)

最新情報というのは、ネットの得意分野。
それは、ネットに任せる。

雑誌に求めたいのは、
『まとまった』定番情報。

しばらく使えそうな情報です。

地元で、一番大きいブックオフに行けば、
結構、ありますよ~。新しい雑誌も。

いろんな分野の雑誌を見てみて、
特集の切り口を見てみると、面白いですよ。

私も、
クレジットカードのサイトを
作っていたときに、

奥様雑誌では、節約系の記事、
車雑誌では、ガソリン代節約の記事、
マネー系雑誌では、マイレージ活用の記事、
流行系雑誌では、ポイント活用の記事、

などなどがあり、
非常に勉強になりましたから。

それで、ハマってしまって、
中古雑誌を取り寄せたり、
ヤフオクで落札したりしてましたからね(笑)。

それくらいやると、
わかりやすくて、かなり濃いサイトに
できると思います。

今でも、帰国したときは、
必ず2、3回は、行ってますよ、ブックオフ(笑)。

その他、最新の雑誌の活用法

「最新の雑誌は、いらない」

というようなことを少し書きましたが、
最新の雑誌は、最新の雑誌で
チェックしたいことがあります。

あっ、大丈夫、
立ち読みレベルでできることです!(笑)

それは、『最近の流行チェック』です。

何が取り上げられているか。
何が興味をもたれているか。

それをチェックします。

新しいキーワードなんかも
狙い目ですよね。

雑誌の中吊り広告でも、
チェックできるかと思います。

ネットでそれを見ることもできます。
http://www.zassi.net/latest_ad_list.php

もう一個見つけました♪
http://nakatree.jp/lineup/lineup.html

このサイトなんかも有名ですよね。
http://www.fujisan.co.jp/

fujisan.co.jpのほうは、
『目次配信』という機能で、
好きな雑誌の目次を、
毎月メールで送ってくれる
サービスなんかもあります。

便利ですよね♪

あと、これは、今のところ、
立ち読みをしないと無理だと
思いますが、

来月号(来週号)の目次チェック

これも、重要です。

流行の予測がある程度できますから。

新しい記事を書いても、
検索エンジンにインデックスされるまで
時間がかかる、という意味でも、
早めに流行のキーワードをチェックして、
そのキーワードにあわせて記事を書く、
というのは重要ですよね。

7月に、上海で皆既日食があったのですが、
私、「上海 皆既日食」のキーワードで上位に出すために、
1月から仕込んでましたから(笑)。

でも、日食マニアの方々は、
2004年くらいからページを作っていて、
ビビりましたけどね。
(やはりマニアは強し。笑)

ってな感じで、今回は、
「マガジンスキル」(雑誌の活用)について、でした!

※中吊りサイトについては、
こちらのブログで教えていただきました♪
(ブログランキング、いつも1位のすごいブログです)

【参考記事】
レバレッジ・アフィリエイトで食べている人の手法を公開するBlog
『困った時の○○頼み(究極のオマケ付き)』
http://ktad.blog59.fc2.com/blog-entry-308.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

追記

上で紹介したfujisan.co.jpですが、
アフィリエイトもやっていて、こんな中吊りブログパーツも
出してました!(笑)


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ