wordpressでの自動アップデートの失敗対策

wordpressでの自動アップデートの失敗対策

wordpressを、今日は、2つの別のサーバーに
それぞれ1つずつアップしました。

Xサーバー、簡単ですよね~。
Xサーバーのほうで、インストール機能がついているので、
アップロードする必要すらないですし。

自動アップデート機能も、非常にスムーズに
使えるようになりました。

こりゃ、便利。

それに対して、エクセリア。

はあ~~~~。

アップロードしてインストールする手間は、
まあ、いつものことだから、いいとしよう。

でも、

自動アップデートしようとすると、

「wp-content ディレクトリが見つかりません。」

以下、覚書です。

wp-content ディレクトリが見つからないことに対しては、
こちらの記事が非常に参考になりました。

【参考記事】
chibiegg日誌 様
WordPressの自動アップデートエラーについて

要は、「wp-config.php」に以下の三行を追加して、
場所を指定してやるということですね。

私の場合はドメイントップに入れたので、
こんな感じの3行を追加したら、いけました。

define(‘FTP_BASE’, ‘/public_html/’);
define(‘FTP_CONTENT_DIR’, ‘/public_html/wp-content/’);
define(‘FTP_PLUGIN_DIR’, ‘/public_html/wp-content/plugins/’);

で、これで、もう大丈夫♪と思ったら、
次の関門が(涙)。

Warning: touch() [function.touch]: SAFE MODE Restriction in effect…

なんじゃ、こりゃ。

と言いつつ、今まで何度か見たことがある、
エクセリアのセーフモードのやつですね。
(何度か見ていますが、意味はわかってません!対策だけわかってます。笑)

こちらは、この記事を参考に。

【参考記事】
Template Style 様
— WordPress 自動アップデートを XREA や CORESERVER で使えるようにする
http://www.templatestyle.in/item/wordpress-auto-update-xrea-coreserver.html

要は、「.htaccess」ファイルを作って、
下のことを書いて、アップすればいいってことです。


AddHandler application/x-httpd-phpcgi php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi php


AddHandler application/x-httpd-phpcgi php

これで、使えるようになりましたよ♪

エクセリア、安いけど・・・ねぇ。
(と言いつつ、ヘビーユーザーですが。笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ